naotoiwa's essays and photos

カテゴリ: academic



 早いもので、大学の教員になってもう2年目の冬である。4年生は卒論提出の時期である。この2年間ははじめての経験ばかりだったので、自分の研究もさることながら、いったいどのような授業を行えばいいのか、そのカリキュラム作りと実践にトライ&エラーの毎日だった。特に大人数の授業はその課目に対してモチベーションが高い履修生ばかりが集まるとは限らない。でも、そうした学生に対しても学び方自体を学べるきっかけになればと、なるべく新しくアップデートされた情報・役に立つ情報を、そして90分間の間に発想が刺激されるネタを準備してきたつもりである。結果、通常の大学の授業とはずいぶん異質な内容になってしまった時もあったかもしれない。でも、「先生の授業とても面白かったよ」と言ってくれる学生も多かったし、一年目の学部投票では恐れ多くもベストティーチャー賞なるものもいただけた。
 でも、ここに来て、果たしてほんとうにこれでよかったのかなあと自問自答している自分がいる。というのも、自分が二十歳前後の学生だったらどんな授業を望むだろうかと考えると、今自分がやっていることとは少々違うような気がするからである。
 電車やバスを乗り継いで大学のキャンパスに通い、朝の9時から始まる1限の授業に遅刻せずに出席し、午後は気のおけない仲間と少人数ゼミで過ごす時、自分だったら授業になにを望むのか。ただ単に新しいだけの情報などネットを駆使すれば自宅でたやすく検索できる。わざわざ大学に通ってまでして指導教官から得たいと望むのは、もっと静謐できめ細やかな知の体系のようなものなのではないだろうか。実学的な役になど立たなくともよい。時にそれは偏狭に陥ることがあるかもしれないけれど、それ故にこそ専門性の高い、その教官独自の感受性で丁寧に積み上げられた知の体系。詭弁や大仰なレトリックとは無縁の、その教官と同じ場所にいるだけで脳の中の襞がしっとりとしてくるような空気感。……例えば、今日木曜日の一限はフランス語。今週は仮定法過去。テキストにはプルウストを使うらしい。午後からはゼミの指導教官のS教授と詩人の中村稔さんの詩を朗読し解析する。4限が終わったらどこか大学の近くの喫茶店でノオトを復誦しながら「思案に暮れる」。……そんな大学生活は、もはや過去の幻影なのだろうか。いや、いつの時代にあっても「知の香しさ」なるものは存在し、それが感じられない授業は大学の授業ではないと思うのだけれど。
 などと自戒しつつ、さあて、今日も出講日。本日のゼミではなにを話そうか、なにを伝えようか。ひとりでも多くの学生に少しでもそれを感じてもらえることができたら、と。



 トシを取ると涙腺が緩みやすいと言うが、まあ、自分はそう易々とは……と思っていたが、あらら、これには参った。昨日、卒業する4年のゼミ生のみなさんからこんなアルバムをいただいてしまった。昔で言えば、卒業記念の色紙といったところだろうが、我がゼミ生たちは、それを格好よくアートディレクションされたフォトブックに仕上げてくれた。私が授業中に話した(らしい)言葉のアフォリズム集になっている。おおお、ちゃんと授業中にメモ取ってくれていたのね。こんなこと言ったっけなあ。あああ、確かに言った言った。
 この後、それぞれのゼミ生のメッセージがかっこいいモノクロの写真入りで載せてある。ううう、涙腺が。……ありがとう、みなさん。そして、改めてご卒業おめでとう!これからもどうぞよろしく。

album1

album2



 池澤夏樹さんの「キトラ・ボックス」を読んでいる。3年前の「アトミック・ボックス」の続編。話の内容は全然違うけれど、共通しているのは、どちらも大学の若き研究者たちが主人公のミステリー小説であるということ。池澤夏樹さんの深い素養に裏付けされたミステリー小説というだけで、これはもう読み手としてはかなりシアワセなのであるが、そこに大学研究者たちのピュアな発言や行動が重なって、読み進むうちになんとも爽やかな気分になってくる。

キトラ・ボックス


 さて、大学教員の末席に加えさせていただいてからまだ一ヶ月も経っていないが、同僚の先生たちの会話に接していると、同じ爽やかさを感じる今日この頃である。彼ら彼女らは「個」としての自分の判断を最大限大切にして、そして常にそのことに責任を持って行動している。組織はもちろん大切。円滑かつチャレンジングなこれからの大学経営を行うためにそれぞれがベストを尽くす。でも、最終的な判断の拠り所は個々人の価値観と美意識なのだ。組織の側もいったんその人の専門性とコミュニケーション能力を信頼したのなら、徹底的にその人の裁量に任せ切ってくれる。そして、そのことは若き専任講師に対してもベテランの教授に対してもまったく同じ。フラットなのである。

 話が逸れてしまったが、「キトラ・ボックス」の主人公たちも、自分自身の価値観と美意識と正義感で行動する若きピュアな研究者たちだ。古代史研究でも造詣が深い池澤夏樹さんの歴史ミステリー小説、結末やいかに?

このページのトップヘ