naotoiwa's essays and photos

カテゴリ: nagasaki



 これ、長崎は茂木に本店のある一〇香本家(いちまるこうほんけ)の銘菓「一〇香」(いっこっこう)。一見ふつうの焼き饅頭。でも、ガブリと囓ってみると、なんと中身がない。空洞なのである。きっと中には甘い餡が入っているに違いない、それはつぶ餡かこし餡か、という俗世の煩悩を見事に裏切ってくれる菓子なのである。なんとも哲学的である。

一〇

 ネーミングもまた哲学的である。一口で香り高くおいしいから「いっこっこう」。それが店の名前では一〇となる。イチとゼロ。二進法。デジタルである。これはもう禅的ですら、ある。おまけにおいしい。皮に飴が塗ってある。ゴマもまぶしてあって香ばしい。ゆえに、これ、ワタクシの好物なのである。

 長崎の茂木。一度だけ行ったことがある。有名なのは茂木港の先にある月見の名所、潮見崎観音。石段を百段ばかり登ると島原半島がかすかに見える。あるいは茂木の名前の由来になった神功皇后の裳着神社(もぎじんじゃ)。

裳着神社

 ユニークな店もいくつかあった。この一〇香本家しかり、フランスパンのブーランジェリー「オロン」しかり。

aulong

 茂木港には、かつて長崎の女傑が経営していた茂木ビーチホテルなるものも建っていた。檀一雄はここで芝エビを食べまくっていたらしい。

 部落はずれの森の中に、一軒のホテルが立っている。Bホテル、と聞えはよいが、おそらく、大正のはじめ頃につくられたまま、時代からとりおとされてしまったような、二階建ての、白ペンキ塗りの、木造ホテルであって、大時代な琺瑯鉄器のバスがあり、ギイギイときしむ骨太いダブルベッドがあり、古風な大理石のマントル・ピースをもった壁暖炉があり、で、何となく芥川龍之介だの、佐藤春夫だのが、青年の日に、長崎にやってきては、ここに泊っていたような錯覚さえ感じられた。
 
檀一雄 火宅の人(下)

 茂木。長崎の奥座敷。長崎はまだまだ奥深い。 



 未現像のフィルムが何本か残っていたので久しぶりに自家現像してみた。そのうちの一本は長崎で撮影したものだった。浮かび上がってきたのは大浦天主堂の写真。いつ撮ったものか記憶は定かではない。

 日本にあるマリア像の中で、ここ大浦天主堂の「日本の聖母」はことのほか美しい。いわゆるルルドの聖母に見られる合掌のポーズを取っているが、このマリア様、頭部を右に傾け、合わせた両手はやや左に繰り出している。左肩を心持ち下げ、左の腰を外に突き出し体を緩やかにS字型にひねっている。

maria2

 フィグーラ・セルペンティナータ。figura serpentinata. …でも、それはマニエリスムの画家や彫刻家たちが企むほどの大仰なものではなく、官能的ではあるけれど、上品なメランコリックさのうちに留まっている。そして、頭上の王冠と足元の三日月、そのどちらもが金色に輝く。清楚なのにゴージャス。優美なのにメランコリック。

 ここ大浦天主堂に、いったい何度、私は足を運んだことだろう。昨年だけでも四回。二十代の頃から数えたら、五十回は下るまい。この優美でメランコリックなマリア様に会うために、私は何度も長崎に足を運び、何度も大浦天主堂の門をくぐる。

maria1

このページのトップヘ