naotoiwa's essays and photos

カテゴリ: camera



 現在、オールドカメラ&レンズ断捨離中。ふだん使わないものを潔く処分して、今後も使い続けていきたいものだけ残す、あるいは本当に自分が好きなものに買い換える。
 で、ブラコンなのである。ブラザーコンプレックスのことではない。ブラックコンタックスである。天の邪鬼な私は、ライカよりもコンタックスのカメラとレンズに心引かれる。なかでも最初のレンジファインダーカメラであるコンタックスⅠ、通称ブラコン。

 改めて、このブラコン、なんともマニアックなカメラである。操作しづらい。なんでここに巻き上げノブがあるの? どうしてシャッタースピードの設定にこんなお作法が必要なの? でも、測距の基線長がライカに比べて断然長くて正確だし(その代わりいつも右手で距離計窓を塞いでしまいがちなのだが)、リボンを使った縦走りシャッターの感触がタマラナイ。

 若い頃から何度も使ったことのあるカメラだが、最近になってこのブラコン病がまた再発にしてしまっている。でも、なにせ90年も前のカメラで、なおかつこれほど複雑な機構のため、完調な個体に巡り会うことはますます困難を極めている。販売する方も保証期間に故障が頻発すると商売にならないのであろう。ブラコンの修理をこなせる職人さんもかなり減ってきたと聞く。2022年の今、再び実用に耐え得るブラコンを入手することはなかなか至難の業である。高速シャッターのムラはないか(リボンの左右ともがきちんと正しいサイズのモノにしてあれば問題は起きないそうだ)、ネズミ鳴きの低速シャッター時に光線漏れはないか、二重像の縦ズレはないか、などなど、クリアしなくてはならいポイントがいくつもある。

 ということで、現在手元にあるブラコンは最初期の1932年のもの(ver2)。ネズミ鳴きのスローシャッターは付いていないが、その分カメラ自体の重量も軽く、これなら気軽に毎日持ち歩ける。このブラコンに基本中の基本の同年代のテッサー5cm,f3.5を付けて撮影。

snake

Tessar 5cm f3.5 (C mount pre war) + ContaxⅠ + XP2 400



 オールドレンズ&カメラの楽しみ方のひとつに製造年にこだわって集めるというのがある。自分の生まれた年のものを選んでバースディライカと称したりするのがまさにそれである。

 私の場合、意図的に製造年を選んで購入することはなかったけれど、結果として当時の思い出が詰まった年のものに遭遇することも多かった。例えば現在手元にあるハッセルブラッドのSWCは1979年製。高校卒業後、京都で浪人時代を過ごしていた年に当たる。今から思うと人生の最初の岐路に立っていた時のことである。

 ま、それはさておき。60年代、70年代のインダストリアルデザインが好きなので、おのずとその世代のレンズやカメラが多く集まってくるのであるが、最近は戦前(第二次世界大戦前)のものに心引かれる。ここまで古いと自分の人生のエピソードとはまるで関係なく、単なる歴史的なロマンだけなのであるが、気がつくとここ数年に購入したもののほとんどが戦前のものである。コンタックスⅡやビオゴン35ミリ、ゾナー85ミリ、ライカのエルマーやズミタールといった汎用レンズも敢えて戦前のノンコートものばかりを選んでいる。それらはもうかれこれ90年ぐらい経過しているものなので、調整してもシャッタースピードは安定しないし、レンズも曇りや傷だらけ。たまに嘘みたいに綺麗な個体に遭遇することがあって思わず買ってしまうのだが、それらはもしかしたら後の時代のものとのニコイチとか、研磨されたものかもしれない。でもまあ、それでいいのである。1930年代に造られたカメラやレンズであることの片鱗がどこかに見え隠れするだけで、気分はアガる。

contax2

 古い時代のもの、いにしえのものは、ただそれだけで美しい。こういうタイプの人間が骨董の世界に陥ったら大変なことになりそうなので、今のところはなんとか実用に使えるオールドカメラ&レンズだけに留まっているのであるが、この病気も昂じると、、



 仕事でも趣味でも、今までいろいろなカメラとレンズを使ってきたが、その中でもやはり一番厄介というか難儀したのはハッセルのSWCではないだろうか。(三十代に何年か、そして最近になってまた79年製のSWCを使用している)

 特殊なカメラというかレンズである。ご承知のようにビオゴンレンズのためだけにボディが存在しているこのカメラは広角38ミリ(35ミリ換算で21ミリ)。露出計なし、距離計なし。目測であることもかなり厄介ではあるが、超広角なのに周辺の歪曲がほとんどなく極めてシャープな写真が撮れるというその評判の高さこそがストレスになっているのではないかと思うのだ。というのも、そうした評判ほどの写真が実際のところはなかなか撮れないからである。自分の腕が悪いのか、それとも個体の状態が悪いのか。周辺は結構歪むし、どんなに絞り込んでパンフォーカスにしても遠景のシャープさは今ひとつ。購入したお店のご好意で個体のレンズ調整をお願いしたりもした。で、何度も試写し試行錯誤していろいろ悩んだ末の現在の結論は以下の通りである。

 1)いかに神レンズのビオゴンであろうとも、完璧に上下左右とも1ミリの傾斜なく構えないことには確実に歪む。
 2)いかにTコーティング付きのビオゴンがシャープといえども、所詮は1970年代のオールドレンズ。現代のレンズでデジタルの数千万画素のセンサーで写ったものと比較するのは意味がない。

 その境地に達したところで改めて浮遊し続ける水準器に目を凝らして(ほとんど船酔いしそうになりながら)撮影したのがこの写真である。歪みほどんどなし、周辺まで柔らかくもシャープ。こうした写真が12枚のうちに1枚ぐらい撮れる。この不確実さ、でも一枚はアタリの写真が撮れる奇跡が起き得ることがハッセルのビオゴンが神レンズ&カメラである所以なのではと。

SWC

Biogon 38mm f4.5 of SWC + Portra120



 高速シャッターでムラが出てきたのでM4をオーバーホールに出した。6年ぶり。もともとはウィーン郊外の中古カメラ店で購入したこのM4、もう使い始めて二十年ぐらいになるだろうか。35ミリレンズで撮るには最適なファインダー倍率、露出計が付いてないから後玉が飛び出ているエルマリートの9枚玉やスーパーアンギュロンもストレスなく付けられる。バルナックやM3に比べればフィルム装填もやはり簡単で便利だ。

 高速の1/1000シャッターが復活したところで、ズミルックス35ミリを最小絞りにして撮影する。この柔らかさと滲みと光の捉え方は、やはりフィルムならでは、そしてズミルックスならではだと思う。

curtain

window

Summilux 35mm f1.4 2nd + M4 + XP2 400



 ここに来て、また中古のハッセルブラッドの人気が復活しているらしい。デジタルバックの値段も少しばかり安くなって、今までのボディやレンズをそのままデジタルでも気軽に使用できるようになってきたからだろうか。一体型二眼レフのローライではそうはいかない。汎用性の高いハッセルブラッドのVシステムならでは、である。
 でも、私が若い頃からずっと今に至るまでハッセルが好きであり続けている理由は、これはもう、その躯体のインダストリアルデザインの美しさに尽きる。素晴らしき50年代のモダニズムデザイン。
 さて、初めてハッセルに憧れたのはご多分に漏れず、ミケランジェロ・アントニオーニ監督の1967年の映画『欲望』(BLOW-UP)を見た時である。若き日のデヴィット・ヘミングス扮する売れっ子カメラマンがいつもスタジオで三脚に据えていたのがマグニファイニングフードとクランクを付けた500Cで、マガジンは旧型のC12。そのバックスタイルの格好良さに惚れ込んだ。ので、今まで実用に1990年代以降の501C や503CWを使っていたこともあったが、やはり今後も手元に残しておきたいのは白鏡胴Cレンズ付きの500Cということになる。
 長い間、スクリーンが交換可能な500Cの最後期(あるいは500C/Mの最初期?)の71年製を愛用してきたが、今年に入ってから60年代の同じ年の製作年でボディもレンズもマガジンも揃った500Cのセットに買い換えることにした(差額は使わなくなったレンズを断捨離して)。今回のセットはすべて65年製。『欲望』(BLOW-UP)の製作年が66年だから、あの映画で使われていたのも同じ65年製かも?

c12

 それにしても、この旧式の暗い交換できないスクリーン、見にくいっすね(笑)。でも、大丈夫。暗い分だけかえって屋外の明るいところではピントのヤマが逆によく分かったりするのです。



 コロナワクチン3回目接種完了。2回目を打ったのが昨年の7月末だったので、間隔は6ヶ月と1週間。6ヶ月で打てるのはモデルナワクチンのみとのことで、ファイザー→ファイザー→モデルナの交差(交互?)接種となった。

 で、副反応はというと、ううむ、今回はモデルナの摂取量は半分になったとのことだが、二回目にファイザーを打った時と同等、あるいはそれ以上に熱が出たかも。まだまだ、ちゃんと免疫システムが機能している所以と喜ぶべきかどうかはよくわからないが、とりあえず、接種後二日間は例によって仕事では使いものにならなかった。ポカリスエット呑む→果物でビタミンを摂る→重い蒲団にくるまって汗をかく→カロナールを飲む→もとい、ポカリスエット呑む→果物でビタミンを摂る→重い蒲団にくるまって汗をかく→カロナールを飲む、をリピートしてなんとか。3日後には腕もあがるようになった。

 3日目の朝を過ぎてようやく復活。38度超えの熱で唸っていたときには、リキテンスタインの絵柄のバッグもこんな感じに見えたのではないかと、ということで、先日買ったコンタメーターを装填して実際にフィルムで試写する余裕も出てきました。ふうっ。

eyes

Sonnar 5cm f1.5 (war time) + Contax Ⅱa + contameter & proxar 30 + Kodak200




 ここ二〜三年、ヴィンテージカメラ・レンズの高騰ぶりは凄まじい。特にライカはどれも数年前と比べて軽く1.5倍から2倍に跳ね上がっているのではないだろうか。ということでライカには全く手が届かず、ではコンタックスはというと、こちらもライカほどではないが値上がりが半端ない。ブラコンも程度のいい物はいつの間にか10万を下らなくなってしまった。ということで、今やライカもコンタックスもリーゾナブルな値段で買えるのは外付けファインダーや距離計といった類いのものばかりで、でも、そうしたアクセサリーにこそカメラやレンズ本体よりもヴィンテージらしい「工芸」の味があると思うのだが。

 さて、今回購入したのは戦後のコンタックス用のコンタメーター(CONTAMETER)である。これは40.5ミリのレンズにプロクサーを取り付けて接写するためのもので、距離別に50センチ、30センチ、20センチと三種類用意されている。で、このコンタメーターが実によく出来ているのである。ダイヤルを切り替えて距離を選ぶと傾斜が変動してパララックスを自動的に調整してくれるのだ。そして、そのメタリックな勇姿がなんともカッコいいのである。

 では、ちょいと記念写真。ややこしいが、戦後のContax Ⅱaの後塗りブラックのアクセサリーシューにコンタメーターを装着、レンズは戦中のイチゴゾナーでその先端にProxarの50センチが付いている。この被写体を、アメデオアダプターでMマウントに変換したコンタックスコピーのジュピターの先端にProxarの20センチを付け、デジタルライカで接写撮影してみたのがこちらの写真です(!?)。

contameter

Jupiter-8M 50mm F2 + contameter proxar 20 + M10-P



 大好きな吉田篤弘さんの小説『つむじ風食堂の夜』(映画のロケ地函館にも足を運んだ。食堂のモデルとなったJOEカフェとか来々軒とか、月舟アパートメントの旧ロシア領事館とか)の中に、ふたつの机のくだりがある。


 屋根裏部屋にはふたつの机がある。ひとつは<雨の机>。もうひとつは<その他の机>と名付けている。(中略)向かって右を<雨の机>とし、そこでは、積年のテーマである「人工降雨」に関する研究をしたためることにした。(中略)向かって左の<その他の机>。その机で私は、およそありとあらゆる雑文を請け負っては書き続けていた。

吉田篤弘『つむじ風食堂の夜』(ちくま文庫、2005年)


 この<雨の机>と<その他の机>を意識しているわけでもないが、私の場合は<雨のカメラ>と<その他のカメラ>である。朝起きてシトシトと雨が降っていたりすると、頭の中の襞も潤って持病の偏頭痛も収まり、さあて、今日はどの雨靴を履いていこうか、どんなコートを羽織ろうかと心ときめいたりするのであるが、そうした雨の日の外出には必ず<雨のカメラ>も持参する。雨の日専用カメラといっても防水加工が施されている最新のカメラではなく、古い1960年代のオリンパスPen Fである。ハーフサイズカメラで36枚撮りのフィルムを入れると合計72枚の縦長写真が撮れる。これにやや高感度のISO400のフィルムを入れ、やや望遠気味の明るい40mmのレンズを付けて、映画のシナリオを絵コンテで描くように雨の日のストーリーを気の向くまま無造作に紡いでいくのだ。

rain

G-Zuiko Auto-S 40mm f1.4 + Pen F +Kodak400


 小さい頃から雨が好きだった。空全体が乳白色に包まれ天から水滴が落ちてくる「奇跡」。それに引き換え、なんのフィルターも通さず太陽光を直接浴びせられる雲ひとつない日は、今でも少し怖いままである。

contax

Summilux 35mm f1.4 2nd + MM


 my favorite contax Ⅱ & Biogon 3.5cm (pre war)


foxes

Planar 80mm f2.8 of Rolleiflex 2.8E2 + Pro400H


 久しぶりにローライのプラナー。やっぱりクセノタールより柔らかいというか、空気感が雲気(?)のように映る、ような気がする。



このページのトップヘ