naotoiwa's essays and photos

カテゴリ: kichijyoji



 井の頭自然文化園に住んでいたゾウの花子が死んだ。六十九歳。

 二十一歳の時、三鷹市井の頭5丁目のアパアトに引っ越した。それはまさに井の頭公園の中に建っていた。そこから自然文化園までは歩いて5分もかからない。年間パスポートを買った。そして週に一度は自然文化園に通った。お気に入りの場所だったのだ。目的は奥まったところにある彫刻館。ここはかつて北村西望のアトリエがあったところで、彼の創った夥しい数の彫刻群が屋内外に置かれている。西望と言えば長崎平和祈念像が有名だが(ここにはその原型が展示されている)彼のモチーフ、作風は古今東西、多義多彩を極める。かなりのエログロ、キッチュなものもたくさんある。何度来ても見飽きることがなかった。

加藤清正

P.Angenieux 25mm f 0.95 + E-P5


日蓮

Summar 5cm f2 L + Ⅱf + TX400

 彫刻館だけではない。ここには他にもいくつか恣意性に富んだものが置かれてあった。例えば、動物園の中には、…

human

P.Angenieux 25mm f 0.95 + E-P5

 井の頭自然文化園は若い頃の自分にとってインスピレーションの泉だった。で、この彫刻館への行き帰りには必ずゾウの花子の姿を見る。彼女のことは当時からいろいろ聞き及んでいた。事故とはいえ、人間を誤って殺してしまったことがあるゾウの花子。そのエピソードが頭の中にこびり付いて離れなかった。ひょっとしたら、彼女は日本に居るのがつらいのではないか。故郷のタイに帰りたいのではないだろうか。

elephant

Elmarit 28mm f2.8 1st + M9-P

 就職してアパアトを引き払い吉祥寺から別の街に移り住んでからも、年に数回は自然文化園に足を運んだ。そしてその都度花子の姿を確認した。こうして三十余年もの間、僕はゾウの花子を見続けてきたのだ。彼女はいつもなにやら厭世的な感じで視線を下に向けていた。…花子の冥福を祈ります。

 

 久々に川上弘美さんの短編集を読む。タイトルは「天頂より少し下って」。

川上

 この本の中に、十年ぐらい前「群像」に掲載された「ユモレスク」という短編が入っていた。舞台は吉祥寺。

 マスターは留守にしている。代わりにイイダアユムがカウンターの中にいた。客は他にはいない。人通りが多いのに、みんな「やまもと」を素通りして、公園のほうへと歩いてゆく。

 ハナもイイダアユムも「やまもと」のマスターも吉祥寺に住んでいる。マスターはいつも三浦屋で買い物をしている。そして、井の頭公園に時々現れる猫当番の老女の話。

 このあたりの一節を読んでいると、あの店のことを思い出す。南口から下っていき、「いせや」を過ぎ、まさに井の頭公園の敷地内に踏み入ろうとする境界線にその喫茶店は建っていた。名前はたしか「くれーぷりー」。元祖猫カフェ。猫たちは公園とカフェの間をいつも自由に行き来していた。冬の寒い日、暖を取りにカフェのストーブの近くに何匹もの猫たちが蹲っていたものだ。現在はドナテロウズというアイスクリームカフェになっている。

吉祥寺の猫

 かつての吉祥寺には雰囲気のある喫茶店がたくさんあった。この「くれーぷりー」しかり。「ペンギンカフェ」しかり。南口の地下の「ストーン」は今も健在なり。パルコの脇の「ファンキー」は喫茶店をやめてしまった。プチロードの「モア」と「ジョン・ヘンリーの書斎」は健在だが、「西洋乞食」は場所を変えてしまった。They bring me back memories.

 さてさて、「天頂より少し下って」。読み進めていくうちに、やっぱり川上さんは天才的な小説家であると同時に、天才的なコピーライターでもあるなあとつくづく思った。

 人生って、油断していいんだか、ぜんぜん油断できないんだか、よくわからないね。

 なんて、なかなか書けるセリフ、では、ない。

このページのトップヘ