かれこれ巣籠もりも2ヶ月を超えた。今までなかなか出来なかった家の中の片付けもけっこうはかどった。ついでにPCの中の整理整頓も。……ということで、ずいぶんと古い写真も何枚か、ハードディスクの階層の奥底から発掘された。


 例えばこれ、20代の後半に乗っていたプジョーCTIカブリオレの写真である。当時鎌倉に住んでいて、毎週この車で湘南と都心を往復していた。朝比奈ICから横横道路、あるいは北鎌倉、大船を抜けて戸塚の原宿の交差点から国道1号線経由第三京浜。このCTI、車重は1トンに満たないのにエンジンは1.9L、トルクは十分で見た目よりも重厚でパワフルなドライブを楽しめた。ただハンドルが重くて重くて(これでパワステ付いてる?)、そしてご多分に漏れずフランス車特有の電気系統の故障の多さに悩まされた。

CTI


 でも、すぐに屋根をオープンにできる(手動だったが)カブリオレの心地よさは湘南生活ではやはり格別で、夏の日の朝早く、ひとりで茅ヶ崎の先の「虹ヶ浜」まで出かけて、そこの駐車場に車を停めてフルオープンにし、カセットテープ(!)で Kali のアルバムなんかを聴いている時間が最高だった。 Kali 、マルティニーク島のアーティストである。当時は車も音楽もどこまでもフランスかぶれで、我ながらなんともイヤ味な青年であったと思う。(笑)

 そして、この車で一番強烈に印象に残っているのは、あれは1990年の大晦日だったか、鎌倉は大晦日の23時を過ぎると交通規制で車で市内に入れなくなるのだが、若さに任せてついつい遅くまで遊びほうけて定刻を過ぎてしまい、滑川の交差点から中に入れなくなってしまった。警察官に鎌倉住民だと何度説明しても、事前に通行許可書を申請していないとダメの一点張りで、この車の中で新年を迎えたことをよく覚えている。