五月。緑の中を歩いていると、甘い香りが鼻腔をついてくる。クチナシのような、でも、クチナシの花が咲くのはあと一ヶ月ぐらい先のことだ。薔薇だろうか? 

 クチナシでも薔薇でもなく、その甘くて、それでいてなんとも清涼感のある香りの主は、ウツギだった。

空木

GR 18.3mm f2.8 of GR Ⅱ


 空木と書く。たいがいの空木には匂いがないが、この梅花空木だけは芳醇に香るらしい。

 五月。一年のうちで一番ココロふくよかな季節。五月のことは全部覚えている。あの年の五月に自分が何を感じたのか、また別の年の五月に自分が何を思ったのか。今までの人生で、なぜだか五月のことだけは全部覚えている。