naotoiwa's essays and photos



 インターネット四半世紀である。1995年にウィンドウズ95が発売。この年、流行語大賞のトップテンにインターネットという言葉がノミネートされた。あれから25年。正確に言えばインターネットではなく WWW(world wide web)の歴史が1990年代から本格的に始まったわけだが、その間にメディア環境もテクノロジーもべき乗に変化していった。今ではインターネットで検索しSNSでコミュニケーションすることが我々の日常生活。プライバシーの感覚もインターネット前と後では180度変わってしまった。

 フェイスブックの日本語版が公開されたのは2008年。デジタルのクリエイティブを生業としていた私はすぐに参加し、自分の日々のデータをアップロードし友人のアクティビティに「いいね」を押しコメントを付け続けた。でも、ここ5年ぐらい、フェイスブックをはじめとする各種SNSに対してはあまりアクティブとは言えない。友人たちの近況を知るのは楽しいし、彼ら彼女らの読む本、訪れる展覧会、チェックしているニュースソースを知ることは自分にとってとても役に立つ。でも、そのコミュニティの中に自分がじわじわと固定化されていく気分になるのはなぜだろう? 新しい友人が増え続けてますますネットワークの幅が拡大していっているはずなのに。その理由をロジカルに説明することができなくてなんとも歯がゆいのだが(哲学者・批評家の東浩紀さんがそのあたりのことを各著作の中できちんと説明されていたはずなので、近いうちに精読し直したい)、チャーミングなセレンディピティが生まれる気があまりしない。

 実際、最近遭遇したセレンディピティを思い返してみると、国会図書館で見つけた論文に魅惑されてその著者に会いに行こうと決心したり、気まぐれに訪れた地方のバスツアーで隣の席になった方と仲良くなったり、講演の後で「話が面白かった!」と追いかけてきてくれた方と話し込んだりと、きっかけSNSではなくすべてリアルなシチュエーションからだった。だから2020年の年初に、私は次のように決心したのである。新しい方々との出会い、あるいは旧知の方々との今までとは違う付き合いを探して、これからはよりいっそう自分から積極的にリアルな場所でのダイレクトなコミュニケーションを追い求めていきたいと。SNSはその継続のためにあればいい。

 ところが、この新型コロナウイルスの深刻な感染拡大である。相手と直接会えない、直接確かめ合えないことの切なさとつらさ。でも、今のこの状況では感傷的なことを言っている余地は皆無だ。直接会えなくともオンラインで互いの気持ちをどこまで伝え合えるのかを必死に考えながら、zoomを使ったオンライン授業の準備をし、新年度になって人生をリフレッシュした友人たちと会える日々を楽しみに待つ毎日である。

silhouette

Elmar 35mm f3.5 L + M9-P + Silver Efex Pro


 新型コロナウイルスでお亡くなりになった方々に謹んで哀悼の意を表すとともに、体調を崩されている方々の一日も早い回復を、そして一日も早いウイルスの終息を祈りつつ。よりいっそう自らの行動に自戒を込めて。2020年4月1日。



 59歳になりました。あと一年で還暦。60歳とは!
 
 昔々、自分が40歳になるなんて、とても信じることができませんでした。1999年に世界は滅亡する。(ノストラダムスの大予言ですね)ゆえに39歳で死す。ところが、あっさり2000年はやってきて、私は40歳になりました。

 そこからが早かったです。あれよあれよといううちに10年が過ぎ、50歳になりました。この年、東日本大震災が起きました。そしてまた9年。今年は新型コロナウイルスの感染拡大で世界中が混乱しています。

 人生は長いようで短く、短いようで長い。この中途半端な時間がせつなくて、だからこそ愛しいのでしょう。

 そんなことをぼんやりと考えている、今は、少しばかり花冷えのする3月23日の夕刻です。

 最後に、この新型コロナウイルスの感染拡大が一日も早く終息することを祈ります。

sakura2020

Summilux 50mm f1.4 1st + M9-P + Silver Efex Pro

pierrot

Summilux 50mm f1.4 1st + M9-P

鳥居

Elmarit 28mm f2.8 1st + M9-P + Color Efex Pro


 鳥居。


春の海

Elmarit 28mm f2.8 1st + M9-P + Silver Efex Pro


 春の海。





 オレンジ色の明かりがシャーベットみたいに淡くなる夕刻がある。そんな時は、街の音、通りをすれ違う人々の声のざわめき、匂いの流れ方、香りの留まり方までもがなんとも柔らかい。おそらく空気の密度が普段とは違ってしまうのだろう。

 それは、春の兆しが見えてきた時節にも起こりうるし、夏の終わり、澄んだ秋の空の下、あるいは真冬の、とある一日にも起こりうる。季節はまちまちだ。ただ共通しているのは、風がふうっと止む時間帯、その後に始まる夜空が群青色になる直前の時間帯だ。

 そんな夕刻に、私は整然と区画整理された住宅街を歩いている。ツタの絡まる古めかしいヴィンテージもののマンションが左手に見えてくる。右手には簡易な十字架を屋根の上にかざした教会、その隣の更地には、大きな樫の木が一本そびえている。しばらくすると、いろんな店が軒を並べる賑やかな通りに出る。古着店、雑貨屋、小さな食堂、自家焙煎の珈琲店、エトセトラ。そして、その通りの突き当たりに、しめやかな公園の入口が待っていて、そこに自転車が二台、置き去りにされている。

bicycles

Summar 50mm f2 L + Ⅲa + Acros100 + Silver Efex Pro

鴉

Summar 50mm f2 L + Ⅲa + Acros100 + Silver Efex Pro


 hand.


neu

Xenotar 80mm f2.8 of Rolleiflex 2.8E + Acros 100


 久しぶりにクセノタールのローライ2.8E。やっぱりプラナーより好きかも。


冬景色

GR 18.3mm f2.8 of GR Ⅲ + Color Efex Pro


 久しぶりの雪景色。

 
したいことをしてきたと 人は思っているけど
 心の翳は誰にも わかるものじゃないから

 「さみしさのゆくえ」

このページのトップヘ