naotoiwa's essays and photos



 オールドカメラ&レンズファン歴も、かれこれ四十年。かなりヘンクツなタイプなので、二眼のローライも、他の人が持っていない(実用性がなくて持とうとも思わない)ものばかりが手元にある。(値段も安かったし、、)
 例えば、ベビーローライばかりが三台もあるのだ。127フィルム専用である。大丈夫、今でもちゃんと127フィルムは手に入る。現像を引き受けてくれる店もある。スキャンするときのフィルムフォルダーも自作した。
 所有しているのは、まずは、戦後のベビーローライ。ただし定番のグレーではなくブラックタイプ。1963年製。レンズはクセナー。それに加えて戦前のものが二台。一台目は最初期のtype1、1931年製。ロゴがクラシックでとにかく格好いい。ローライスタンダードの原型となったデザインだ。レンズはテッサーのf3.5。そしてもう一台は、通称スポーツと呼ばれるtype4で、1938年製。ロゴが浮彫になった。こちらは同じテッサーでもf2.8。
 完璧な写りを狙うときは戦後のものを使う。でも、これ、けっこう重くて680グラムもある。サイズはノーマルなローライに比べれば小さいが、重さはローライコードとたいして変わらない。で、最近は戦前のものを持ち出すことが多い。type1は490グラム、type4でも540グラム。35ミリのカメラよりもコンパクト。でも、4×4判だから解像度は圧倒的に高い。
 とはいえ、さすがにどちらも1930年代のもので、レンズのコーティングも痛んでいるし、フィルム装填も赤窓で番号を確認するタイプ。取り扱いはかなりやっかいではあるが、古い時代のテッサーはシャープさの中に柔らかさがあって、デジタルでは再現できない妙な「色気」を感じる。

 カバンの片隅に戦前のベビーローライをちょこんと忍ばせての散歩が好きである。

幹

Tessar 60mm f2.8 of Baby Rollei type4 + rerapan400

ニコライ堂

Biogon 21mm f4.5 (contax c mount) + α7s


 たまには普通に風景写真。
 六十年以上も前のこの広角レンズ、シャープに写ります。


紅葉

Summilux 50mm f1.4 2nd + M10-P


 紅葉。


bottlebrush1

bottlebrush2

Summicron-R 50mm f 2(1cam)+ α7s


 やっぱり「ブラシノキ」って名前なんだ、この花。





dearest

Summicron-R 50mm f2 (1cam) + α7s


 my dearest.


maria


Xenar 60mm f3.5 of Baby Rolleiflex (black type / after war) + rerapan 100


 マリア。




 ずいぶん前から(かれこれ30年ぐらい)オールドレンズフリークであるが、最近(ここ5年ぐらい)はまったく食指が動かない、というか、動かせない。ライカを筆頭にオールドレンズ群が法外なまでに値段が上がってしまったからだ。例えば、いつか買おう(いつでも買えるさ)と思っていたズマリットクラスが最近では10万超えも当たり前。うーん、あの時買っておけばよかった、5万出せば美品レベルが手に入ったのにというのは、もうあとの祭りである。

 ゆえに今までに集めたレンズを幾久しく愛で続け使い続けるしかないわけであるが、改めてコレクション(というほどのものではないが)をチェックしてみると、なんともまあ、マイナーでマニアックなものばかり。ほとほと自分でも呆れるばかりである。

 例えば、これ。ライカのRレンズの広角なんだけれど、ふつうの人はこのひとつ後の世代のレトロフォーカスのものを買う。1964年に発売され4年で製造打ち切りになったF3.4なんて絶対に買わない。なぜなら、このレンズ、後玉が大きく突き出ていて、カメラのセンサーに接触してしまう。フィルムカメラで使うにしたって、初代のライカフレックスでミラーアップするしか術がない。なんとも使い勝手が悪すぎるレンズである。

 幸い、α7sだとLR-LMアダプターを付けてなんとかギリギリ(お尻スレスレ)であるが、露出計はうまく機能しないし、周辺部は流れて光量もかなり落ちる。中心部だってお世辞にも解像度が高いレンズではない。

 でも、それでいいのである。それが、いいのである。オールドレンズファンが望んでいるのはピクトリアルな写真なわけで、カリカリに解像度が高くて歪みのない写真になんて興味ないからオールドレンズを使うわけで、そういう意味では、この Super Angulon-R 21mm f3.4もかなり気に入っているレンズのひとつである。初期のRレンズは黄色味がかった発色で、フルサイズのセンサーで写すとシネレンズみたいに収差が出てヴィネット効果もすごい。お決まりのセリフであるが、まるで夢の中の風景みたい。と、うっとりしつつ、恐る恐るヘリコイドを回す私。(無限遠が怖い!)

外浦海水浴場

Super Angulon-R 21mm f3.4 + α7s

秋の空

Super Angulon-R 21mm f3.4 + α7s + Color Efex Pro


 秋空。




 この夏に取り組んでいた現代広告に関する論文の執筆もほぼ終了。それではということで、次のテーマに取りかかるべく、先日久しぶりに研究出張に出かけた。訪れたのは岡山の邑久と牛窓、そして、兵庫はたつの市の室津である。テーマは竹久夢二。
 夢二が生涯かけて行ったことのいくつかは、現代の広告クリエイティブを考察するにあたっても参考になることが多々ある。グラフィック広告のコピーとデザインの組み合わせは、夢二の言うところの画賛(絵の余白に添えられた文章)に原型があるようにも思われるし、日本橋の港屋絵草紙店で取り扱われていた商業デザインのアイテムは斬新なアイデアの宝庫だ。
 デザイナー、イラストレーターとしての夢二については語り尽くされているけれど、マニエリスム美術を専攻していた者にとって、夢二式美人のあのS字型にくねらせた細い体、傾けた首、長い手足はまた格別のものである。

 さて、今回論文のテーマとして書いてみたいのは、詩人として、コピーライターとしての夢二の表現についてである。「文字の代りに絵の形式で詩を画(か)いて見た。」というのは『夢二画集 春の巻』の中にある有名な文句であるが、夢二にとっては言葉と絵は分かちがたい一体のものであったのだろう。プライベートでも殺し文句の達人だ。例えば、最愛の彦乃に送った手紙の中の一節。

 話したいことよりも何よりもたゞ逢ふために逢ひたい。

 そして、『夢二画集 夏の巻』の中にあるこの文章。

 あゝ、早く『昔』になれば好いと思つた。

 この文章だけを切り出してみると、なんとも甘ったるい個人的なノスタルジアのように思われるが、決してそうではない。その前の文脈は以下の通り。

 僕は、淡暗い蔵の二階で、白縫物語や枕草子に耽つて、平安朝のみやびやかな宮庭生活や、春の夜の夢のよふな、江戸時代の幸福な青年少女を夢みてゐたのだ。あゝ、早く『昔』になれば好いと思つた。

 夢二は少年の頃から、過去の時代そのものの郷愁にとらわれていたということなのだろう。彼が最初に「中学世界」に投稿したポンチ絵は伊勢物語の中の「筒井筒」へのオマージュであったし、のちに吉井勇が「新訳絵入 伊勢物語」を上梓した際にはその挿絵を夢二が描いている。
 大正というモダンでロマンチックな時代の申し子のような竹久夢二は、生涯をかけていにしえの時代そのものに憧れ続けた人だったのではあるまいか。私は心理学には門外漢であるが、ノスタルジアには個人的ノスタルジアと歴史的ノスタルジアがあるという。夢二のつぶやく言葉、描く世界のそれは、一見、極めて個人的なものに見えて、その実かなり客観的な歴史的ノスタルジアだったのではないだろうか。そのあたりのことを次の論文では書いてみたいと思っている。

 岡山からの帰りに室津に寄った。宿泊したのは「きむらや」。夢二はこの地で「室之津」と題した絵を数点描いている。この絵のモデルとなった女性のお孫さんに当たる方が現在の女将である。
 室津と言えば、お夏清十郎物語。そして遊女発祥の地。夢二はおそらくこの町の過去、歴史そのものに憧れていたのだろう。大正6年の彦乃宛ての手紙の中では以下のように書いている。

 そこに住む人たちはみんな近松の浄瑠璃にあるやうな言葉をつかふ。なんといふ静かなものかなしい趣きをもった港だらう。西鶴の五人女のお夏のくだりに<春の海静かに室津は賑へる港なり>とある

 この町の浄運寺には法然上人に帰依した遊女の元祖と言われている友君の碑や、その座像、あるいはお夏ゆかりと称される木像も残っている。夢二も間違いなくここを訪れ、そのインスピレーションもあって「お夏狂乱」を描いたのだろうと勝手に想像力をたくましくしている。

浄運寺1

浄運寺2


参考文献
竹久夢二『夢二画集 春の巻』(洛陽堂、明治42年)
竹久夢二『夢二画集 夏の巻』(洛陽堂、明治43年)
長田幹雄 編『夢二書簡 1』(夢寺書坊、平成3年)
高階秀爾 他監修『夢二美術館 2 恋する女たち』(学習研究社、1988年)


all photos taken by Summilux 35mm f1.4 2nd + M10-P


晩秋の海水浴場2

Summilux 35mm f1.4 2nd + M10-P


 晩秋の海水浴場。



このページのトップヘ